戒名

kaimyo001

戒名とは仏教において出家した者に与えられる名前で、故人は亡くなったことにより仏様の弟子になる意味を表しています。

仏教では出家した者は極楽へ行くと考えられており故人は、この世での名前を捨て極楽で用いるための名前ということで戒名を用意するのです。

逆に言うと仏教徒以外の方は戒名は必要ではありません。

仏教徒の場合は故人が亡くなってから通夜を行うまでに戒名を決める必要があります。

菩提寺がある場合には、通夜や葬儀の読経をお願いする際に一緒に戒名も依頼する場合が多いですね。

通夜が始まるまでには住職が白木位牌に戒名を書き入れてくれます。

まだお墓もなく菩提寺もない場合には、まずは葬儀社を決め、どこのお寺さんに読経をお願いしているのかを確認し、そこに一緒に依頼するという場合もあるでしょう。

戒名にかかる料金は、依頼するお寺や僧侶によって変動が激しく、いわゆる相場というものがありません。

ランクによって料金に違いもありますので、故人の年齢や社会的地位なども配慮して決めるのが良いでしょう。

戒名に用いる文字には、最上位のランクとして「○○院殿○○○大居士(清大姉)」、それに次ぎ「○○院○○○○居士(大姉)」と続き、一般的によく見られる名称では「○○○○信士(信女)」があります。

その他に、子供につける戒名や幼児・乳児につける戒名などもあります。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    戒名は、一般的には人が亡くなると葬儀の前にお坊さんがつけてくれて、戒名が書かれた位牌が祭壇に祀られる。 そのようなイメ…

    戒名と言って思いつくのは「お墓に入るときの名前」「死んだ時に貰う名前」「お葬式の時に名前を読み上げるための名前」などと…

    現代では葬儀費用も馬鹿になりません。 今では大分少なくなったと言われますが、葬儀後の明細を見ていて「これ何のお金」とつ…

    お墓のない喪家 (そうけ/そうか)は、四十九日を過ぎたら御骨を菩提寺や霊園の納骨堂に一時的に預かってもらい、一周忌か三…

    水子というと、水子供養や、水子地蔵尊等という発想になりますが、本来水子というのは、戒名の下に付けられる信士、信女と同じ…

タグ

2015年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏事用語

このページの先頭へ