妊娠中の訃報

ninshin_fuhou001

訃報が届いたとき、もし自分が妊娠中だったら、葬儀に参列しても良いものなのか、参列して周囲の方にどのように写るのか気になるところです。

妊娠中であれば、やはり葬儀への参列は控えたほうが良いと言われる方もいますが、そのようなマナーは実際には存在しません。

故人を偲ぶ気持ちがあれば、参列しても全く問題はないのです。

妊婦の参列は控えた方が良いと言われるのには、昔から言われているいわゆる迷信の存在があります。

参列してしまうと死者がお腹の赤ちゃんを連れていってしまう、というものや赤ちゃんに対して何か悪影響がある、というものです。

しかし、最近ではそのような迷信自体が故人に対して失礼であると考える方が増えてきているため、迷信自体も薄れてきてあまり聞かなくなっています。

参列することに決めた場合には、準備できるのであれば妊婦用の喪服を用意しましょう。

用意が難しいときには、黒のフォーマルなお腹周りにゆとりのあるワンピースなどで代用しましょう。

葬儀の最中には、長時間座っている必要がありますので、身体の負担にならないような服装にすることも考慮しましょう。

夏場であれば、強めにエアコンが効いていることも多々ありますので、身体を冷やさないようにストールなどを持参することをお勧めします。

妊娠中は、急な体調の変化もありますので、自分自身の体調をよく見極めて葬儀に同行する方によく相談などをし、参列するかどうかを決めるようにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    最近、よくお問合せいただく質問があります。 それは「妊娠中に御墓参りに行っても良いのか」という質問です。 お墓は亡くな…

    夏、真っ盛りです。 皆様、体調管理には十分ご留意なさってください。 さて今回は、婚約中の相手方の近親者が突然お亡くなり…

    社会人としての経験が長くなれば、葬儀に会社の代表としてまたは代理人として参列する場面も増えてくるかも知れません。 取引…

    通夜、葬儀についてどちらにも参列した経験がある方は、実際に行ってみて読経や焼香など行っていることは同じように感じるのに…

    一般的に、「お通夜」は何時に始まり、何時に終わるものなのでしょうか。 本来の通夜は、近親者のみが故人を一晩かけて弔うも…

タグ

2015年8月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ