初詣はお寺か神社か

hatsumoude001

新しい年を迎え、今年も初詣に出かけた方は沢山いらっしゃるかと思います。

今年も、全国どこでも有名なお寺や神社では、大渋滞、大混雑していて、大変にぎわっているのを連日ニュースなどで耳にしました。

さて、この初詣、多数の人は神社に行くものと認識していると思いますが、地域によって、また人によってはお寺に行ったりと本当はどちらが正しいの?と疑問に思ったことはないでしょうか。

おおざっぱに言うと、神社は神様を奉ってある場所、お寺は仏様を奉ってあるところです。

本来、初詣は神社に行き参拝をするのが一般的でした。

それが江戸時代には、神様と仏様が同様に考えられる神仏習合によって、神社とお寺が同じように扱われるようになりました。

明治時代に入ると、神仏分離という、それまでとは逆に神様と仏様は違うものとしてはっきり区別されるようになっていきました。

しかし、明治時代以降までの名残により、今でも初詣は神社とお寺、どちらにも行く習慣が残っているのです。

結局のところ、初詣は神社、お寺どちらに行くのが正しい、ということはなく、どちらでもかまわないのです。

初詣は1年間、無事に過ごせたことへの感謝とこれから新しく迎える年も宜しくお願いします、という気持ちを伝えるのが目的です。

神社でもお寺でもかまわないとは言え、出来ることならば自分のお墓のあるお寺に行く、神社であれば自分の住んでいる地元にある神社で行く、というのが本来の目的に沿っているように感じます。

また、「神社とお寺、私は両方に参りますよ」ということでも良いのです。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    神式角柱墓とは、神式の墓のことを指します。 基本的に神社では、死を“穢れ”として扱うため、墓地を所得しません。 ですか…

    神棚の存在を知らない方は、日本人であれば一人も居ないと思います。 日本人誰もが、知っている神棚の存在ですが、そもそも何…

    いよいよ本日は大晦日となりました。 除夜の鐘は、お寺でつかれるものですが、歴史を振り返ると江戸時代から明治時代にかけて…

    さて仏壇を置く場所に決まりはあるのでしょうか。 一般的には「神棚と仏壇を同じ部屋に置いてはいけない」などといわれていま…

    七五三の季節です。 基本は、数え年の三歳、五歳、七歳で行うものですが、例えば、10月後半や11月の初めに生まれた子は、…

タグ

2016年1月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ