御遺骨について

goikotsunitsuite001

死者の骨を遺骨と呼び、その呼称は、一体(いったい)もしくは、一柱(ひとはしら)と数えます。

遺骨には火葬した後のものと、土葬して白骨化したものがあります。

火葬の場合、刑法で遺骨遺棄を禁じる場合の遺骨があって、火葬した後の焼骨の中からご遺族により収骨されたものが、これに該当します。

通常は、火葬場で荼毘に付されたあと、親族によって骨上げされ、骨壷に収められます。

関西、関東では微妙にその違いがあり、関西方面では一部を収骨するので小さめの骨壷になりますが、関東方面では、すべての骨を収骨することもあるため、大きめの骨壷になります。

仏式では、遺骨崇拝の考えなどから、納骨、分骨などの風習もあります。

骨壷に容れられた遺骨は、自宅の後飾りの祭壇に安置、あるいは、寺院に預けられ、四十九日の忌明けのあと、納骨されるのが一般的です。

分骨とは、ひとりの故人の骨を2ヶ所以上の異なる場所に分けて納骨することを言います。

場合によっては、分骨ごとの埋葬許可書が必要になることもあります。

一度、納骨してしまった遺骨を分骨する場合は、遺族や墓地管理者の立ち会いが必要になります。

我が国では、遺骨は死者の形見の一つとして崇拝されてきた歴史があります。

そのため、親族間で遺骨争いなどが起こることも稀にあるようです。

現在は、遺骨を粉末上にしてケイ素に混ぜ込み、固形化して、手元供養としてペンダントやオブジェなどに加工するなど、ご遺族の手元に安置できる様々なサービスも普及してきています。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    分骨とは位牌の一部を分けて複数のお墓に埋葬することを指します。 分骨をするケースで多いものは以下のとおりです。 (1)…

    火葬場で荼毘にふされた御遺骨を骨壷へお収めすることを、収骨(しゅうこつ)といいます。 西日本の方が、東日本に嫁がれた後…

    埋葬許可証は、ご遺体・ご遺骨を埋葬する際に必要になる許可証のことをいいます。 役所への死亡診断書(死亡届)の提出とあわ…

    骨壺は、亡くなった方の火葬の後のお骨を収めるつぼのことです。 この骨壺、一般的には火葬場で販売されていたり葬儀社の手配…

    本来、遺骨は墓地や納骨堂、寺院などで管理、供養するのが一般的です。 しかし、遠方でお墓参りに行くのが難しい場合や忙しく…

タグ

2016年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ