生まれると言うこと

とにかく、厚いです。

一昨日の7月29日、関東もようやく梅雨明けとなりましたが、2019年は平年より8日遅く、昨年より30日も遅い梅雨明けです。

そして、いきなりの夏本番モード入りで日中は過酷な陽気で、これではまるで何かの修行のようです。

ここまで気候にメリハリがあると、世代によっては身体的な影響も出てくるので、この厳しい厚さには皆様くれぐれもご留意ください。

さて先日、平成30年(2018)人口動態統計の年間推計(厚労省リリース)を見る機会がありました。

これによると、全国死亡者数は約136万となり、年々増加傾向で、ついに戦後最大の死亡数ということです。

反対に、出生数は約92万人です。

出生数が死亡数を下回る「自然減」は44万8千人と、こちらも過去最大の減少幅となる見通しとのこと。

確実に、容赦なく、人口減が進行しています。

これをみて、「なぜここまで人は少なくなっていくんだろう」などと、ぼんやりと思いました。

とある機会に、あるお上人さんとお話していた時に、この事を伺ってみました。

「人は生まれたら、死ぬという事は1セットなのです。物事も始まったら終わりがあるでしょう。」

とのことでした。

くわえて「でも、人はなぜ生まれてくるんだと思う?まだ、仏教的には産まれてくる定義はないのだよ」とも言われていました。

確かに。

コウノトリのご機嫌とか、神様の思し召し、生物的には精子と卵子が出会ったから、、、なのでしょうか。

でも、どんなに精子と卵子が出会っても、「生まれる」につながらないことのほうが多いのが現代です。

今の時代は、妊活を続けるとか、医学の力を駆使しての高齢出産などもあります。

それでも、妊娠に至らない方もいらっしゃいます。

現代では女性が主に悪いと責められる時代ではありませんし、常に同じくらいの理由が男性にもあります。

昨今の子供に対する虐待の報道を見聞きすると、「なぜ、産んだの?」と聞かずにはいられません。

赤ちゃんは、自分の親を選んで生まれてくることは出来ません。

「なぜ、人は生まれてくるのか」。

この答えは、私たちが生き切った瞬間に出るものかもしれませんが、生き切っての後では誰であっても語ることは出来ません。

「生まれること」の答えを、仏教界は常に考えているとのことでした。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    お寺の門(あるいは神社の鳥居)から本堂(お宮)までの道を参道といいますね。 これは、一説によると、生き物が生まれてくる…

    墓地を歩いていると、卓石の正面の墓名が朱色で塗られたものを見かけることもあります。 これはお墓に遺骨がまだ納められてい…

    さる2月16日、お山では「日蓮聖人降誕会」が執り行われました。 宗祖日蓮聖人は、貞応元年(1222)2月16日にお生ま…

    香典は死者にお香を供えることから始まったと言われていますが、現在の金銭を包む風習になる前は、食糧を包んでいたそうです。…

    今年も無事にお彼岸を終え、きたる4月1日(土)2日(日)の両日に、「池上本門寺 春まつり」が開催されます。 この催しは…

タグ

2019年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ