仏壇のお手入れをしましょう。

仏壇は、伝統工芸品と言っても過言ではありません。

仏壇にはぴんからきりまでの品がありますが、中には美術品といえるような品物まであります。

ですので扱いも難しいのです。その辺の家具と同じ様な扱いをしていると、それは間違った手入れをしているということになり、せっかくの仏壇を傷めることにもなりかねません。


丁寧に扱えば、何代先にも残っていくものです。

ですので次の点に注意してお手入れして下さい。

仏壇には漆塗りの製品のものがあります。

高価なものほど漆塗りであることが多い様です。

漆塗り仏壇は水分に弱いので、決して水拭きをしてはいけません。

シリコンクロスで拭くのが一番良いのですが、無い場合はガーゼなどで代用することできます。

もちろんその場合も乾拭きして下さい。

くれぐれもかたい布で拭かないようにしてください。

もし、捧げものの水や、花瓶の水などがこぼれた時も早めに拭き取って乾かす様にしましょう。

放置すると漆が剥がれてしまうこともあるので注意が必要です。

金仏壇などは、金色の部分が金箔である場合が多いので、その場合は手で直接触ることを避けましょう。

金箔には指紋がつきやすく、毎日触れる扉の部分などは金箔が剥げてしまうこともあります。

仏壇専用の毛ばたきを使用して掃除し、軽く埃を払う程度にしましょう。

金箔は剥げやすいので強くこするのは止めましょう。

蝶番などの金具は、錆に弱いので手汗などでも錆やすいものです。

できれば直接触れない様にしましょう。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    仏壇の掃除ですが、仏壇が金仏壇か、唐木仏壇かによって掃除の仕方が違います。 仏壇は、伝統工芸品と言っても過言ではありま…

    『仏壇』のお手入れはとても重要です。 比較的に高額な仏壇を長く使っていくことに影響があります。 仏壇は木製で主に漆塗り…

    お盆や、法要の前、正月を迎えるための年末大掃除。 気になるのが、埃を沢山かぶっている仏具のお手入れ方法ではないでしょう…

    ご葬儀や法要が終わると、次に準備するものは「仏壇」です。 最近では仏壇のある家庭も少なくなってきましたので、いざ自分が…

    位牌は故人の戒名を書いて仏壇におさめる木札として知られています。 通常は本位牌と呼ばれるものを使用しますが、本位牌には…

タグ

2012年8月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ