死後の費用を保険で賄う ~ 葬儀保険

sougihoken002

故人にとっては、初のご供養となる葬儀。

この葬儀には、一体どれくらいの金額がかかるかをご存知ですか?

もちろん、地域や葬儀の内容などによって、かかる金額は異なります。

平成22年10月に日本消費者協会が、葬儀費用についての調査発表をしています。

まず葬儀費用一式に1,266,593円、食接待費用に454,716円、寺院費用に514,456円です。

そして葬儀費用の合計は、なんと1,998,861円になるそうです。

葬儀社などから、請求書が来る段階になって初めて、その金額の高さに驚いたという人も多いのが現実です。

しかし葬儀は、どうしてこんなに高額な費用が掛かるのでしょうか。

それは、お葬式の儀式を進行していくのに必要な祭壇、お棺、人件費、ホール使用料、骨壷、供花、ドライアイス、事務用品、火葬料、遺体運搬費などの他に、葬儀や通夜に来ていただいた方へお出しする通夜ぶるまいや精進落とし、返礼品の費用などなど、多岐に渡る項目の費用が一度に掛かるからです。

実はその他にも、宗教者への謝礼や戒名にかかるお金が発生します。

昨今、これらの金額を充分にかける余裕がない、という人も増えてきています。

そこで、注目され始めているのが、葬儀や葬儀以外の費用を支払うことを目的にした死亡保険、つまり「葬儀保険」です。

残された子供や孫たちに迷惑をかけないためにと、かなりの方が利用するようになってきています。

なかなか死後の事にまで手がまわらないという人でも、無理の無い掛け金で保険に入っておけば、とりあえずは安心ということもあり、人気となってるようです。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    直葬といえば火葬だけのとてもシンプルな葬儀なので、格安で行えそうなイメージがあります。 しかし、いくら直葬といえども一…

    少し過去の話なので、現行のシステムが少し違っていた場合はご容赦頂きたいと思います。 私の知人の住む自治体では、国民健康…

    皆さんは、安いお葬式の広告を見かけた事はあるでしょうか。 たとえば『葬儀一式21万円』とか『葬儀一式とお布施で35万円…

    納骨の際、仏式では納骨法要を行いますが、納骨法要にはどれくらいの費用が掛かるのか、ざっと書いてみたいと思います。 法要…

    さて、本サイト上でも再三書いて参りましたが、全国の葬儀費用の平均の金額は200万円前後だと言われています。 200万円…

タグ

2013年6月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ