弔い上げ(とむらいあげ)

gosenzosama001仏教では死者を弔うために、死後七日ごとに法要を営みます。

これは死者があの世で7日ごとに裁きを受けるのに合わせて、冥福を祈るために行われます。

そもそも冥福とは、死者が行く先であるところの冥界での幸福を冥福と言います。

つまり、あの世での幸福を七日ごとに祈るのが法要という訳です。

初七日からはじまり四十九日で忌明け(きあけ)となります。

49日目までには、あの世での閻魔さまによる裁定があり、次の場所に旅立つと考えられています。

ということで、四十九日が忌明けの法要となります。

以降、百か日、一周忌、三回忌と法要を行います。

これは故人を偲び行う追善供養です。

年忌法要には三回忌以降は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌とあり、百回忌以降は五十年ごとにあります。

しかし、一般的には、三十三回忌をもって、弔い上げ(とむらいあげ)とします。

この時期に弔い上げとするのは、故人を直接知る人がほとんどいなくなるからだと言われています。

また、仏教ではどんな犯罪を犯してしまった人でも33年目に無罪放免となりあの世に行くと言われています。

弔い上げの行事は盛大に行われ、戒名の刻まれた位牌を片づけて先祖代々の位牌と合わせます。

このように、日本人は盛大に、緻密に、念入りにご先祖様を供養してきました。

それには、生きている人を大切にするのと同じ位のエネルギーが注がれました。

また、先祖を大切にすることは、生ある今に感謝し、大切にすることにつながっています。

心を育むためにも、この風習を残して行きたいですよね。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    法要は亡くなった方の冥福を祈る為に行われます。 亡くなった方があの世へ行ってから良い報いを受けられるよう、残されたものが…

    法事は、どのタイミングで行えばよいのでしょうか。 年中行事には、法事、命日、法要、様々ありますが、その違いを明確に区別…

    法要(ほうよう)は、故人の冥福を祈り供養する「儀式」のことを指します。 ちなみに法事(ほうじ)は、法要とそのほかの食事…

    仏教では死後の世界では、亡くなった人は閻魔様により裁きを受けると考えられてきました。 閻魔様は死後の世界の裁判官です。…

    葬儀後の法要は、初七日から始まり七日ごとに四十九日まで行います。 仏教では、亡くなった方の魂は四十九日まではこの世を彷…

タグ

2014年4月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏事用語

このページの先頭へ