イメージ画像

通夜と葬儀

tsuya&sougi001

通夜、葬儀についてどちらにも参列した経験がある方は、実際に行ってみて読経や焼香など行っていることは同じように感じるのにどうして2通りの呼び名と2回に分けて行うのか不思議に思ったことはありませんか?

通夜と葬儀には、違いがあります。

本来、通夜とは故人と生前に親しかった人が夜を通して故人についての思い出などを語り合うことからその由来がきています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

音楽葬

ongakusou001

音楽葬とは、無宗教の葬儀の中で、故人の愛した音楽や生演奏等を取り入れた葬儀のスタイルです。

具体的には、音楽を焼香や献花の間に流します。

故人の好きだった歌や曲をながすことで、感情に直接迫るような感動的な葬儀となることが多く、最近では音楽葬の件数が増えつつあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

献花 (けんか)

kenka001

献花とは、葬儀の際にお花を供えることをいいます。

神前・霊前にお花を供えることも、同じく献花ともいいます。

仏式の葬儀の場合では、焼香に代わる方法としての意味もあります。

一般の葬儀では焼香も献花も行なうことが多いです。

焼香と同じように献花にもきちんとした作法があります。

順番が来たら祭壇に向かって一礼し、花の部分が右手に来るようにして受け取ります。

祭壇の前に進み、花は受け取ったときのままの姿勢をキープし、静かに一礼します。

時計回りに花を一回転させ、根元の方を祭壇の向きにして左手を添えて、献花台に置きます。

最期に、深く一礼、あるいは黙とうをして下がって、遺族に一礼して席に戻ります。

以上が、献花の仕方の流れになっています。

白色の菊やカーネーション、百合などの白い生花を用いて会葬者は心をこめて花を捧げましょう。

献花は、キリスト教や無宗教葬でも行なわれることが多く、埋葬地や事故現場の献花塔や献花台などに花を供える行為も、同じく献花といいます。

花の種類によって献花料はさまざまです。

献花する花に決まったマナーなどはありません。

この他にも、ロウソクを使用する献灯の葬法とあわせて、献花も行われる場合が多いです。

タグ

2011年11月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事用語

1 / 11

このページの先頭へ