イメージ画像

納骨式の流れ

noukotsu_nagare001

四十九日の供養が終わるといよいよ納骨を迎えます。

地域やお墓のあるお寺によっても違いはありますが、納骨式の当日には納骨をした後に参加をした皆で会食をするのが一般的です。

納骨式の当日の流れは、まずは施主の挨拶です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

行旅病人及行旅死亡人取扱法

kouryoshibounin001

昨今の核家族化の影響や、親戚付き合いが希薄な方など身寄りのない方が増えてきています。

そういった身寄りのない方のお葬式とは、どのように行われるのでしょうか。

こうした場合は一般的な「葬式」というものはなく「行旅病人及行旅死亡人取扱法」という法律があり、それに基づいた規則により自治体が火葬のみを行うのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

喪明け(もあけ)までの法要

moakemadenohoyo001

葬儀後の法要は、初七日から始まり七日ごとに四十九日まで行います。

仏教では、亡くなった方の魂は四十九日まではこの世を彷徨っていると考えられています。

七日ごとの法要は、亡くなった方の魂を無事にあの世に導くための道しるべとの意味や成仏できるようにと願いがこめられています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年12月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

納骨

納骨ってなんですか?という素朴な疑問をいただきました。

お通夜と葬儀が終わったら、ほっとしてしばらく何にも考えられなくなるものですよね。

ましてや長患いの家族が亡くなった後などは、放心状態といっても過言ではない状態になる方もいらしゃるでしょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年9月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏事用語

最も大切な家族の死

family003

先日こんな話題を耳にしました。

ある母親が愛する我が子を亡くしました。

どうしてもお墓の中に遺骨を納骨することができません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

4 / 512345

このページの先頭へ