余命宣告

yomeisenkoku001

東京医科歯科大学が、2006年に約1500の病院に対してアンケートを行いました。

アンケートの内容は、病名や余命の告知についてです。

その中で死期を意味する病名を告げるかどうかについては、【病名を告知する】と答えた病院は66%ありました。

また余命についての告知は30%だったということです。

このことからも分かる様に余命宣告や病名の宣告に対しての病院の対応には違いが見られます。

もし元気なつもりでいても、ある日突然に病名または、余命の宣告をされたとしたら、あなただったらどうしますか。

あなた自身が大変であることはもちろんですが、家族にとっても「その宣告」は大きな意味を持ちます。

では、告知される側の私たちが、いつかやって来るかもしれない告知に備え、準備しておくことはあるのでしょうか。

厚生労働省の調べによると、平成20年の死亡率トップは悪性新生物(癌)が一番多く34万2849人でした。

全死亡者に占める割合の約30パーセントです。

30パーセントということは、3人に1人は癌で死亡してるということになります。

もし癌になったら、病名の告知から逃げて治療するということはできません。

あるアンケートの結果では、もし癌になったら告知してほしいですか?

という質問に対して「告知してほしい」と答えた方は80パーセント以上にのぼったそうです。

あなたは、どうですか?

もし告知して欲しいとしても、いつか来るその時に備えて、家族でよく話し合っておかないと告知してはもらえないかも知れません。

あなたが今はまだ若いとしても、今から準備しておいて遅いということはないのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    家族が生死に関わる病気におかされてしまった場合。 家族がその事を知らない場合に、心を悩ませるのが「告知」についてです。 …

    自分の死を悟った時に残された時間をどのように過ごし、逝った後はどうして欲しいのか。 従来の型にはまらず、本当に自分らし…

    今日はあらためて「お線香」について、記してみたいと思います。 仏様の食べ物は『かすみ』です。 でも、私たちの家には『か…

    久しぶりにお仏壇のお話を書いてみたいと思います。 昔の日本家屋には「仏間」という特別なお部屋がありました。 仏壇が置か…

    どの宗教においても、自分から自分の命を絶つというのは禁じられています。 宗教の高い位の方が即身成仏(ミイラ)になったこ…

タグ

2013年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ