生前葬

seizensou001

生前葬とは、通常の葬儀とは違い自分が生きているうちに自分の葬儀を行うことを言います。

自由に行うものなので、静かな雰囲気ではなくお別れ会といった意味合いが強いものです。

元気なうちに気心の知れた仲間達と集まってお別れしておきたい、という生前葬を選ぶ方もいます。

自分自身が生きているうちに行うものなので、自分の「死」を見つめるという覚悟が必要です。

自分の死を見つめ考えたときに、それまでに会いたい人は?伝えたいことはないか、言い残したことはないか。

そういった方々に自分で直接会うことが出来る、お礼を伝えることが出来るといったメリットがあります。

式の内容はもちろん招待状の作成から、どんな花を飾るかいうことまで自分で自分の葬儀を行うものです。

実際に自分が死を迎えた後、遺族に葬儀の準備など負担をかけたくないために生前葬を選ぶ方もいます。

また従来の葬儀の形式には囚われませんので費用を安く抑えることが出来る場合もあるようです。

生前葬という言葉自体は知名度が上がってはきていますが、実際に行う方はまだ少ないのが現状です。

従来の形式ではないので香典や服装はどうしたら良いのかと悩むかもしれませんし、不幸を待っているようで不謹慎だと嫌悪感を示す方もいるかもしれません。

もし生前葬への招待状が来たとしたら、その方にとって自分の死を考えたときに会いたい人だということでしょう。

そのうち会えるから・・・と思わずにぜひ参加してはいかがでしょうか。

生前葬を行った後、亡くなられた場合には親族のみや家族葬を行い、生前葬に参列された方々には訃報の通知のみを行うことが多いようです。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    本人がご存命のうちに、本人の意思で行われる「生前葬」や「お別れ会」、また「寿陵」や「生前墓」について、少し書いてみたい…

    昨今の葬儀の様式として「密葬」や「家族葬」などで執り行われる場合が多いかと思います。 本日は、それらについて少し触れて…

    戒名は、一般的には人が亡くなると葬儀の前にお坊さんがつけてくれて、戒名が書かれた位牌が祭壇に祀られる。 そのようなイメ…

    私たちは死後、お墓に埋葬されます。 お墓は「最後の落ち着き場所」と言っても過言ではありません。 昨今は世間一般でも、こ…

    お葬式事情は日々変化しています。 その速度は1年前の情報がもう古く感じられるほどです。 変化は日々あると言っても過言で…

タグ

2014年11月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

このページの先頭へ