盆灯篭

bondorou001

そろそろお盆の時期ということで、本日は盆灯篭について少し記してみたいと思います。

・盆灯篭のルーツ

盆灯篭は今から約800年前の鎌倉時代辺りから、外で屋根高く火を焚き挙げて、ご先祖様を迎え入れていた事が由来であるとされています。

しかし、この方式は風に煽られ、かなり危険です。

そのため、風をよけるために和紙を張った灯篭を高く掲げる「高灯篭」が盆灯篭の原点となっています。

現代は「迎え火」と盆灯篭は別ですが、昔は迎え火としての役目だったので重要な役割をしていました。

ちなみに、現在でも高灯篭の風習が守られている地域があり、夜になったら明かりを灯してご先祖様をお迎えするそうです。

・江戸時代の「粋」

江戸時代では精霊棚に盆灯篭という形になり、当時は一年と持たないものでした。

京都や大阪では白紙の灯篭、江戸では蓮を描く事が多かったそうです。

江戸の「蓮を描く」というのは何とも粋で、現在にもどこか通じるところがありますね。

今のような姿になったのは、意外と歴史が浅く近世の電気の発明で灯篭に灯す蝋燭が電気になり、何年も使えるように改良され、極楽を思わせるような装飾が施された灯篭になりました。

・現代の「盆灯篭」事情

田舎では大きな盆灯篭が一対で並んでいる光景を見かけますが、都会では「吊るすタイプ」や「小型」タイプに「回り灯篭」など、実に様々なタイプがあります。

布が主流でしたが、技術の進歩でLED電球を使って電気と明かりの耐久年数を節約したり、様々なタイプが登場しています。

盆灯篭は、長期間に使うものなので慎重に選びたいですね。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    灯篭(とうろう)、といっても様々な形状とその用途があります。 仏壇の天井部分から左右一体で吊り下げて、中を照らすのも『…

    お盆になると、全国各地でご先祖様を供養するための様々なお祭りが催されています。 その中でも、よく知られているのが灯籠流…

    さて、1年とは本当に早いもので、梅雨に入れば今月末あたりから蓮の花が開花しだしたりと、もうお盆の季節だなと感じます。 …

    ご葬儀や法要が終わると、次に準備するものは「仏壇」です。 最近では仏壇のある家庭も少なくなってきましたので、いざ自分が…

    近年増え続けているのは、結婚をしない人々です。 晩婚化が社会問題とされてきましたが、最近ではミドルエイジの未婚化が問題視…

タグ

2016年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ