戒名は料金か

現代では葬儀費用も馬鹿になりません。

今では大分少なくなったと言われますが、葬儀後の明細を見ていて「これ何のお金」とつぶやきたくなる様な項目に、高額の請求がされてしまっているケースがあります。

葬儀にかかる費用で納得がいくものって、一体どれくらいあるでしょう。

消費者が納得のいかないものの一つに「お布施」が挙げられています。

宗教感覚の薄れた現代人にとって「祭祀等に多額のお金がかかることがおおいに疑問」と思う方が増えたのも仕方のないことなのかも知れません。

宗教に生きる術を見いだそうとしていた時代には、痛くもかゆくもなかった金額でも、価値を見いだせなくなってしまった人々にとっては、納得がいくものではありません。

では「お布施」とは何かといいますと、読経というお経を読んでもらうことと、戒名を付けてもらったことへの僧侶へのお礼の様なもの・・・と考えていただくと簡単だと思います。

では「戒名」とは何かといいますと、読んで字のごとしで、厳しい戒律を守り、修行して仏門に入った人が授かる名前のことです。

仏教の教えを学んだ証として授けられるもので、これを受戒(じゅかい)といいます。

そう考えると、本当は生前に修行して与えられるものであることがわかります。

しかし、だんだん戒名は、死後に与えられるようになりました。

そして、最も格式の高い「院」等の号には何百万円かの請求をされるという様なことがまかり通る様になってしまいました。

いつの間にか料金の様に扱われるようになってしまった戒名。

自分にとって戒名がどうあるべきなのかを考えていく必要がありそうです。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    戒名とは仏教において出家した者に与えられる名前で、故人は亡くなったことにより仏様の弟子になる意味を表しています。 仏教…

    戒名と言って思いつくのは「お墓に入るときの名前」「死んだ時に貰う名前」「お葬式の時に名前を読み上げるための名前」などと…

    戒名は、一般的には人が亡くなると葬儀の前にお坊さんがつけてくれて、戒名が書かれた位牌が祭壇に祀られる。 そのようなイメ…

    かつての日本は、お寺と檀家の関係は一般市民の生活に密接に結びついていました。 それは戦後まで続き、お寺は檀家の心のより…

    水子というと、水子供養や、水子地蔵尊等という発想になりますが、本来水子というのは、戒名の下に付けられる信士、信女と同じ…

タグ

2013年12月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ