イメージ画像

急速に一般化した家族葬

kazokusou003

家族葬と言えば、都市部のあまり近所とのつながりのない地域に多いとされてきましたが、最近急速に、地方にも浸透しているようです。

まだ家族葬を知らない方というのはそれほどいないかもしれませんが、説明させていただくと、家族葬とは、たくさんの人が参列する昔ながらのお葬式とは違って、親族やごく敷いた親しい人のみが集まって、行うお葬式のことを指します。

この家族葬が始まったのは平成に入ってからだと言われています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

最も大切な家族の死

family003

先日こんな話題を耳にしました。

ある母親が愛する我が子を亡くしました。

どうしてもお墓の中に遺骨を納骨することができません。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

「ワンデイセレモニー」に異議有り。

近年全ての儀式が簡略化される傾向にあります。

例えば結婚をする場合でも、結納式が当然の様に行われ時代がありましたが、今はかなり簡略化され、全く結納をしないというケースもたくさんあります。

核家族化が進みそれが普通となる中で、儀式そのものの意味が薄れ、意味の無いことをやっても仕方ないので「やらない」というケースが増えている様に思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年12月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:現代終活考

9 / 9123456789

このページの先頭へ